2012年03月30日

今のところ快調

最近は快調である。
気分がいい。

日々、楽しく過ごせている。
上手い酒を飲み、取りあえず、生活の問題もない。

明日も、楽しい予定もある。

そう、人生は割り切ることである。
まだ、起ってもいない事を心配してもしょうがない。

今日が、無事に過ごせれば良いではないか。

そう、今、客観的にみて順調である。
このまま、時を過ごしていきたい。

はずかしいと思うことは何もない。
積極的にもっと、もっと楽しむことだ。

今、読んでいる本、
「思いわずらうことなく 愉しく生きよ」江國香織著 光文社刊
である。
まさに、その通り。

このまま、思い通り、愉しく生きたい。

スポンサードリンク
posted by 待蔵 at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと

2011年11月30日

自分に対しての他人の評価

先日、昔の会社の同僚と酒を飲んだ。
当然、いろいろな思い出話となったのだが、ワタシにとって驚く話があった。
それは、ある先輩がワタシに対しての評価についてだ。
当時のワタシが要領よく立ち回る男と考えていたというのだ。
その先輩とワタシは、けっこう仲良く酒を飲んだりしていた人だ。
そういう人が陰で、ワタシに対してそんなふうに思っていたなど、夢にも思わなかった。

ふ〜ん。そうだったのかという思い。
ワタシは自分自身では不器用な男と思っていた。
そのワタシが要領よく会社内で動いていたと思われていたとは。

なるほど、他人の評価と自分の思いとこんなに違うものなのかと今さらながら思う。
しかし、そうなのか。
たしかにワタシは上手に立ち回っていたのかもしれない。
自分を守るために。
自分の思い通りに会社内で生きる為に。

なんだか笑ってしまうのだが。

スポンサードリンク
posted by 待蔵 at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自分のこと

2011年11月23日

映画(DVD)のこと

TSUTAYAでDVDを5枚借りた。
「ノルウェイの森」は、ある程度の予想はしていたが、面白くなかった。
原作を以前に読んでいたが、こんな内容だったか。
すっかり忘れていたのだが。
どちらにしても駄作と言ってしまいたい。
「アンノウン」リーアム・ニーソン主演によるアクションスリラー。
この作品は予想に反していというか、テンポがあって、なかなか面白かった。
最後のどんでん返しも良い。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」ジョニー・デップのこの作品は、今までの全作品を観ていたが、今作品についてはイマイチの感じ。
これはやはり映画館で観た方が良いのかもしれない。
「プリンセス トヨトミ」この作品は期待はずれ。
堤真一, 綾瀬はるか, 岡田将生, 中井貴一などの出演者や予告編を観て、楽しみにしていたのだが、全然つまんなかった。
以上、総じて映画は面白くなくなったという印象を、より強く思った。

スポンサードリンク
posted by 待蔵 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVDのこと
FXトレードネットでFXを